2006年05月20日

アカペラをはじめたばっかで、孤独で、なんもかもうまくいかなかった2002年の夏。
KAMの打ち上げに偶然参加して、埼玉大のアカペラグループの人にあんまりうまくいかないと相談していたとき、
「でも、夢はあるんでしょ?」
と言われた。
今もときどき考える。
アカペラで自分がやりたいことはなにか。

夢一覧。
サイト立ち上げ時。
☆岩手のアカペラ人を繋がなくちゃ。
はじめたばかりのころ。
☆JAMに出たい。
ロスファンが活動しだしたとき。
☆岩手で有名になりたい。
秋田アカペラーとの出会い。
☆もっと上手くなりたい。アカフェスに出たとき
☆もっとアカペラを楽しみたい

県外アカペラーとシャッフルしたり。
☆岩手のアカペラも盛り上げなきゃ
岩手でアカペラのライブ開催
☆岩手にアカペラのファンを増やさなきゃ


夢を叶えられるよう、戦略的にやってきた気がする。
いつだって二つの目的。
自分が楽しくやれること、アカペラがやりやすい環境を作ること。

結果、県外の人達との交流もでき、ありがたいことに、ライブに声を掛けてもらえることも出てきたし、自分たちでライブをすることもできるようになった。
2002年には想像もつかねーような今。


夢は叶っていってはいるんだろう。
あたしが四年前に望んでやまなかった環境が今はある。
たくさんの人との出会いがなければこうならなかったし、
あの人が頑張らなかったらならなかったし、
あたしも頑張ったから今があるのだと、自分では思ったりするんだけど、
結局のところ、あまりに昔過ぎてなかなか誰も頭を撫でてくれたりしないものなのです。

アカペラに疲れが出てきて、最近はすぐお腹一杯になるから、誰か頭を撫でたり、飴をくれたりすればいいのにな、と。
気弱なだだっこみたいになったりして。

要は、今っていうのは誰かがものすっごく夢を見続けて、叶えるための体力を惜しまなかった結果だと、あたしは思ったりして少しぐったりするもやもやずぃ日があるよ、という話。

とにかく「頑張ったね」と頭を撫でてくれたら泣きながらありがとうと繰り返しかねない夜が今やってきたという話。

なにもかもなげだしたらどーなるんだべ?
どーにもなんないかもしんないし、どーにかなるかもしれないけど、
投げ出すことすらできないんだよ、
だってアカペラやめたくないんだもんな…。

あたしが見る夢は岩手にとって大きなお節介なのかもしれん。
だとしても、すごく勝手を言えば、あたしは今も夢とか野望を持ってアカペラしてますので。
迷惑かけるかもしんないけど、夢や野望を一緒に楽しんでくれる人がいるなら、ぜひ濃い話も、一緒にしましょう。
posted by カナ at 02:52| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。