2006年05月06日

アプリ大忙しの中、初のメディア進出!

はて、忘れる前にGWを振り返り始めようかと思います。
まずは3日。
本日のアプリは、緊急事態にて5人。泣き泣き。不安いっぱい。

一本目は一戸町の御所野縄文公園での野外ライブ。
なんとなく、私は野外向きだと勝手に思う。
歌いやすいし、あんまり緊張しない気がするし、気持ちいいような気がします。

縄文公園は火葬場を横目に…山を上っていくとつり橋があって、
そこを抜けるとあります。
とてもキレイな、雰囲気のいいところです。
MCでも言ったけど、おしゃれな建物が多い、いいとこだよなぁ、いちのへ。
博物館の中の会議室が控室でした。
入口にも、会議室にもピアノがあった・・・音楽関係の事もやってるのかな?
非常事態対策の確認をし、外へ遊びに。
竪穴式住居に入り、縄文の服を着て、どんぐりを食べ、こんにゃくを食べ。
本番前にカシオペアFMのiamf関係の録音をする。
インタビュー…ど緊張。
ここで緊張したせいか、リハなしでも本番は気楽にやれた感じ。
ほんとにいい天気で、お客さんも行楽気分で聞いてくれたんじゃないかな?

で、ブギーで段取りを間違えるなどもありましたが、なんとかライブ終了。
食べ損なっていた奥中山牛の丸焼きが登場。
かぶりついてから、挨拶して、一路大急ぎで北上展勝地へ!

やっぱりSAKURAドロップスが歌いたい…そんな気持ちをぬぐいされずに車内。
移動中に覚えることとする。
緊急事態だというのに…さすがアプリ。こだわり。

初のテレビ出演がこんな感じだとは思わなかった。
ごぎげんテレビ、アプリの歌でこのすばらしい桜を見せるとは…なんと。
2分で、という話しになり、カットしたりとか、ばたばたとやる。
テレビとは、こういうものなのか…いろんなドキドキがいっぱい、はじめての緊張感。
でもリハがありまくったせいか、感覚が麻痺した頃に本番。



…もちをたべるちばさんがステキでした。もち女優デビュー。
あたしは職場の人にばれないように変装していたのですが、大学の友人から、
「桜はきれいでしたか」とメールがきました。ぐすん。

誰かが欠けた分をカバーするというのは、どれだけ自分たちにとってその人が大事か
再確認させてくれます。
そして、カバーしてみると、新しい発見がある。
そして、アプリメンが、とても頼もしいということが、とても良くわかりました。
もしもあたしが次緊急事態でも、きっときっと大丈夫だ。




posted by カナ at 14:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。